ラグジュアリーな日常

忘れんうちに書いとこ書いとこ!

『グリーフケアー見送る人の悲しみを癒すー〜「ひだまりの会」の軌跡〜』

葬儀社である公益社とその関係者が遺族の心のケアについて述べた本である。章構成としては全体で3章あり、1章を坂口氏(関西学院大学人間福祉学部准教授)がグリーフケアの基礎知識について解説、2章は公益社グリーフケア活動である「ひだまりの会」について事例紹介、3章を古内氏(公益社代表取締役社長(2011年当時))が葬儀のあり方についてまとめている。


「ひだまりの会」に携わった方のストーリーも含めて記述してくれているので、想像しやすくとても読みやすい。グリーフケアについて知るきっかけの本としては優れていると思う。


遺族の心のケアと称してしまうと、逝去後のケアのみに焦点が絞られがちであるが、そうではないという。近年、病院での看取りが多くなっており、「ひだまりの会」スタッフである方のご家族も病院で息を引き取った。その経験の中で、病状を専門用語だらけで話されたり、摘出した臓器を唐突に見せられたらなど、死と闘う最中に病院関係者から受けた心の傷もあった。その様な心の傷を増やさないこともグリーフケアの一環だと述べている。


病院との連携の中で、エンゼルケアやエンバーミングなども取り入れられている。エンバーミングは遺体の修復により、生前の元気な姿をもう一度取り戻すことを指している。この過程を経ることで、遺族が「死の受容」につながるという。また、終末期医療の影響で薬剤などが投与された状態になっており、病原菌の繁殖等も懸念されている。エンバーミングでは、遺体を無菌状態へ近づける為、たとえ終末期医療で酷使された身体であったとしても、安心して最後のお別れを告げられるという。

病院との関わりに戻すと、病院での遺体の処置としては、エンゼルケアという死化粧などが行われているという。しかし、医療関係者自身も遺体の専門家ではない為、公益社の方が医療機関でセミナーを開いている。

また、遺族への死亡の説明の仕方としても、「早口で話さない、ゆっくり動く、大きくうなずく、足元をそろえる、両手を体の前でそろえる」(p197)といったことも伝えている。


悲嘆を分かち合い心を癒すことだけかと考えていたが、悲嘆を少なくすることも大事なのだと改めて感じた。

合間合間に挟まれる「ひだまりの会」での葬儀事例は胸打つものがある。生前の様子を想像し、その人にあった葬儀ができる、そのこと自体が最大のグリーフケアであり、その実行に向けての活動は驚くばかりだ。詳細は本書をお読みいただきたいが、「ここまでするのか!」という感想をもつであろう。


『子は親を救うために「心の病」になる』高橋和巳

タイトルを見ただけではどの様な本か想像できなかったが、一読後、「なるほどな」という気分になる。

『親は子を救うために「心の病」になる』パターンが多いと思っていたが、そうではないようだ。『子が親を救うために「心の病」になる』のだ。

 

著者の論理の前提として、社会に適応していくための心の機能を「心理システム」と呼び、その構築には当然ながらお母さんの影響が多大であるとのことだ。

したがって、親子の関係性により「心の病」の病態も大きく異なる。大別すると下記の3つとなる。

 

(1) 普通の親子関係で育った子

(2) 虐待を受けて育った子

(3) 特殊な親子関係で育った子

 

これらのケース分類を前提に、著者の臨床経験から具体例を細かにあげている。余談ではあるが、小説を読んでいる様な気分にさせられる程、一つ一つの臨床例に心をうたれる。

 

脳機能や精神の障害を伴った引きこもりはなどとは異なり、子が親の辛い生き方を引き継いだために起こる不登校や引きこもりを「社会的引きこもり」と定義する。

「引き継いだために…」とは、親が我慢をしてきた人生だと我慢しない自分の子を許せず、自分の子にも自分と同じように我慢を求めてしまい、親が感じていた苦しみを子が引き継ぐということだ。そして、子どもは親の苦しみを背負い「心の病」となるのだ。

 

なんとも悲しいストーリーであるが、「辛い生き方を背負っているとその怒りの部分だけが強くなって、他の穏やかな感情が相対的に抑制されてしまう」(p106)。上にあげた事例は、普通の(1)親子関係で育った子が「心の病」を背負う過程である。

 

(2)虐待を受けて育った家庭では、事態はさらに複雑となる。虐待を行ってしまう親は子供時代に虐待を受けて育った割合が高い。そして、虐待から生き抜くために「善と悪が逆になる」のだ。

自分が生き抜くことは「善」で、自分を虐待する親は「悪」である。しかし「善」を実行するためには「悪」に耐えるしかない。したがって、「悪に耐えることが善」となってしまう。そしてこの連鎖は、親→子・親→子となり引き継がれてしまう。

 

最後に(3)特殊な親子関係についてであるが、一例として、親が発達障害等で子に社会的に価値が共有されている「愛」「お金」「賞賛」等を伝えておらず、子はその成長過程で普通の人たちと価値の共有が出来なくなり、自分が社会から取り残されている感覚になる。そして、生きてはいるもののどこにも「社会的な存在感」が満たされないのである。

 

タイトルのプロセスはこのように捉えられた。

不登校などの問題はその実行者である子のみに原因が転嫁されやすいが、その背景には当然家庭環境や親子関係が潜んでいるのである。当たり前だが、丹念なカウンセリング記録を基に読み解くと、新しい発見の様に感じてしまうので驚きだ。

『子どもの睡眠』神山潤

睡眠が子ども(特に乳幼児)もたらす影響について簡潔に書かれた本。


100ページ足らずで図も多く、スキマ時間に読める様に構成されたいる。想定する読者としては、初めての子育てに悩むお母さん方であろう。文体もとても暖かく、素直に受け入れられる。


あくまで睡眠は個人的要因が大きいと前置きしつつも、遅寝遅起きがもたらす悪影響について述べている。よく言われる話ではあるが、人間の体内時計は25時間であり、地球の24時間とはズレが生じるので、朝起きて光を浴びて体内時計をリセットすることの重要性を述べている。その根拠として、新生児の睡眠表を持ち出しているのは面白い。


新生児の1日ごとの睡眠を表にして見ていくと、入眠時間が少しずつ遅くなっている。これをフリーランといい、人間の体内時計がズレていることから生じる現象らしい。新生児たちは自分の体内時計を生まれた世界の時計に合わせる為、日々奮闘しているというのだ。だから、夜泣きするからといって夜に光を浴びせたり、昼寝が多いからといって暗い部屋で過ごしたりしてはいけないというのである。この世界の1日のリズムを体得している修行中といえよう。


なぜ光が睡眠に関係するかというと、メラトニンの分泌に影響しているとのことだ。メラトニンは光によって分泌が抑えられる為、夜間に明るいところにいると分泌が抑えられてしまう。したがって、日中は光の中で過ごし、夜は暗い中で入眠体制に入ることができれば、メラトニンは夜間にしっかりと分泌される。こうすることで、メラトニンがもつ抗酸化作用(老化防止作用)やリズム調整作用等がうまく機能するのである。本書自体が2003年発行で研究として最先端とは言えないが、子どもの睡眠を研究している三池氏の編著書である『不登校外来ー眠育から不登校病態を理解するー』(2009)にも同様の記述が見られる。


では、睡眠が具体的にどの様な影響を与えるかについてであるが、著者はセロトニンの分泌に注目している。セロトニン神経伝達物質であり、分泌障害が起きると精神的に不安定な状態となる。事実、うつ病患者へセロトニンを高める薬が出されている。

セロトニンはリズミカルな筋肉運動によって分泌されるとのことである。遅寝遅起きで日中の活動が抑制されると、リズムを調整するメラトニンと精神安定に関わるセロトニンの分泌が抑えられてしまい、攻撃性が高まったり不安に襲われたりしてしまう。あくまで著者の推論であると明記されていることは付言しておく。


証拠に基づいた論理展開は本書の趣旨とは離れているのであろうが、限られた紙面の中で睡眠についてわかりやすく述べてくれている。

『心からのごめんなさいへ』品川裕香

本書が刊行された後に発覚した事件を考えると、なんとも言えない哀しさが読後に残る。

「何が正しかったのか」や「どうすれば良いのか」なんてことは、やはり自分自身の頭で考えねばならない。

 

なんとも意味深な出だしで書き始めたが、本書は宇治少年院で少年たちを指導する法務教官たちを取材し書かれたものだ。

そして、本書において主役の様な立ち位置で描かれる法務教官の向井氏は、2009年に少年たちへ暴力行為をはたらいたとして逮捕されている。この事実自体は読む前から知ってはいたものの、読書中は、いや、向井氏の少年たちに対する情熱に触れている間は、目頭が熱くなるばかりであった。

 

法務省:法務教官区分,法務教官区分(社会人)

 

少年院に来た子どもたちに対する様々なアプローチが随所に示されている。緊張感を纏った筆致ではあるが、向井氏をはじめとする法務教官の思いを述べる場面、インタビューを受けてくれた少年たちへの思いが述べられている場面など、筆者の品川氏自身の暖かさが本書を通底している。

院へ来る子どもの多くが複数のことを同時に処理することが苦手なので、教官たちは「一つひとつの説明をイチイチ区切りながら伝える。一つの指示ごとにお手本を示す」(p20)のである。一連の動作を小さく区切り、その区切りごとに実際に見せながら指導することを、スモールステップという。

また宇治少年院に入院した子のインタビューの中に、「(前略)何か失敗したらすぐに、わかりやすく、やってみせながら教えてくれるのがいいのかもしれない」(p56)といった言葉もみられる。

「自分にも将来があるとわかっていなかった」(p57)という少年も、「自分でいろいろと考えることもできるようになってきて、"このままだったらずっと注意されっぱなし"だと思うようになった」(p57)という。

別の少年は、「(前略)ましてこれまでの自分を反省し、被害者のことを思い、先のことを真剣に考えるなんて……どうやったらそんなことを考えられるのか、その考え方すら、正直言ってわからなかったんです」(p88)と述べる。

そのような少年たちが、振り返れば「筋が通っていて納得のいくことしか言っていなかった」(p91)教官たちに信頼を置いていたのだ。そしてこう締める。「信頼できる大人は、親の代わりにだってなれると思うんです。そのことを僕は少年院で学びました」(p103)。

 

最近、教育業界では「発達障害」が取りざたされており、名前のみが先行的に広まってしまい、単なるレッテル張りとなっている現状があるという。発達障害と似た様な症状を示す少年たちは、直接原因ではないが統計的な関連を表す非行リスクに囲まれた環境の中にいる。それらをつぶさに分析しなければ、少年院を出た後の自立にはつながらない。そしてそのような個別具体的な支援を行う為に、個別処遇計画が存在している。

 

ここには書ききれない程の濃い内容がぎっしり詰まっている……。特別支援教育も個別指導計画といったその子に応じた教育計画の策定も行っているが、全日制学校ではそこまでのきめ細かいサポートはできていないのが現実だ。

目で見て覚えるのが得意な子、聞いて覚えるのが得意な子、体を動かして覚えるのが得意な子、それぞれの生徒にそれぞれの特性があり、その特性に基づき計画を立てるのが本来の教育であるべきと考える。

また、職員のモデリング効果についても言及している。少年たちが日々触れ合う職員がモデルになる以上、服装の乱れへも意識を高める活動を行っている。

 

このように、示唆に富む内容がこれでもかという程詰められている。これからもっともっと勉強していって、自分なりの答えを出していくしかない。がんばろう。

『戦略思考トレーニング』鈴木貴博

クイズ形式で楽しく読めたけれど、思考力のなさに震える。南無阿弥陀仏じゃこれは。

タイトルに掲げられた戦略思考というには大げさかもしれないなとは思う。

基本的には事例紹介と捉えて軽く読んでもいいのだろうけれど、このレベルの考え方を基礎の基礎として頭に叩き込んでいくことが大事かもしれない。

ということで、クイズの答えが頭から抜けたところで再読予定。

通勤電車で立ちながら読んでしまっていたので、単に知ってるよ〜という雑学レベルの知識定着していない。

今の僕にとっては、この本は家で紙とペンを用意して座りながら読む本だろう。



『まんがでわかる7つの習慣』まんが:小山鹿梨子 監修:フランクリン・コヴィー・ジャパン

自分のバーを持つことを目的に働く女の子の成長を7つの習慣で表した漫画。
読みやすく、また漫画と解説の流れで各習慣がまとめられており、わかりやすかった。
原著も読まなあかんなぁ〜。
クッソ分厚いけど買うか、、、

内容としては、語り継がれる古典の漫画化なので、おそらくご存知だと思うので、勉強になったなぁというところを書く!
また時間を置いて原著を読めば、感想も変わるんだろうなぁ。

「刺激に反応したことを自覚すれば、刺激に対する行動は自分で選択できるのだ。」(本書p45)
また、『関心の輪』と『影響の輪』の話も心に刺さる。「他人の欠点や周囲の環境ばかりかになる人は、関心の輪に集中しすぎている。」(本書p46)
グッサリ……。

知的創造の後、物的創造が行われるという点はその通りと思うので、ミッション・ステートメントをつくろう。
なんにしても、自己啓発系で読むなら『七つの習慣』とカーネギーの本だけで充分と聞くだけある。

5つ目の習慣は、僕の課題だなぁ。「人の話を自分の経験で解釈したり、評価しようとする聞き方。」(本書p132)というのは、本当に気をつけなければならない。
傾聴しているつもりでも、勝手に批判者気取りで解決した気になっていることもあったので、心から相手の立場に入り込む覚悟を持ちたい。

器を広げることは難しいことだけれども、『習慣』と言われるだけあって、日々の意識を刷新していこう。

『スイッチ・オンの生き方』村上和雄

1ページに1トピックなのでとても読みやすい。

遺伝子の基本的な情報からその働きについて、そして素晴らしい人生の生き方についても記されている。


基本的には、気になったところは線を引いているのだけれど、後半は引きっぱなし!笑

心の持ち方というか、為になることは多かった。


遺伝子にはオン・オフの機能があるとのこと。なんとなーくイメージで遺伝子というと固定的な働きを想像していたけれど、外部からの刺激に影響を受け、遺伝子のスイッチが切り替わるらしい。

この点が表題にもなっている通り、本書のメインテーマであろう。四章から遺伝子のスイッチのオン・オフについて述べられているので、遺伝子に関する基礎知識をお持ちの方はここから読んでも良いかもしれない。

オン・オフに関わる環境因子や妨げる要因など、著者の研究生活から得られた項目については本書を読んでいただければと思う。

また、刺激としてのストレスの二面性にも触れており、陰性のストレスと陽性のストレスがあるとのこと。この点については去年一昨年くらいに流行った気がするスタンフォードの教授が書いた本があった気がする(気がするを書きすぎた気がする)。

これは陰性ストレスくんと陽性ストレスくんがいるということではなく、ストレスを受ける僕自身がどう受け止めるかにより変わるとのことだ。


「遺伝子」という単語から学術的な要素もある入門書かなと思っていたが、自己啓発というと語弊があるが、「善く生きる」ということに対する心構えを説いてくださっているように思える。

遺伝子がもつ価値のすごさ、そしてそんな遺伝子で構成された僕らのすごさ、だからこそ、それらを生み出してくれた周囲への感謝、ひいては、著者のいう僕らの人知の及ばない偉大な力である「サムシング・グレート」への感謝へつながるのであろう。



面白い言葉であり、胸に刺さった言葉を最後に引用しておく。

『チャンスは、自ら「チャンス」と札をつけてやってくるほど親切なものではない』(本書p118)